上原亜衣見放題エックスビデオニュース
上原亜衣見放題エックスビデオニュース

上原亜衣見放題エックスビデオニュースとは

当サイトはアダルト・エッチ・エロのエックスビデオなどの動画をメインに更新していくアダルト動画サイトです。
毎日無料でクオリティの高いエロ動画を更新中!
なお、当サイトは外部からの動画を紹介していくサイトなので、動画が消えている場合がございます。ご了承ください。

上原亜衣見放題エックスビデオニュース > ノーマルでしたが女性の恋人がいるので私はバイなのかもしれません

ノーマルでしたが女性の恋人がいるので私はバイなのかもしれません

ノーマルでしたが女性の恋人がいるので私はバイなのかもしれません

私には現在、女性の恋人がいます。
私も彼女も女性なので、所謂レズビアンです。

きっかけは彼女からの告白でした。
実は私は彼女に告白されるまで、女性を恋愛対象に見た事が一度もなかったのです
女性は知人、同僚、友達、親友というカテゴリーしかなく、そこに「恋人」は入った事がありませんでした。
恋愛対象はいつでも男性だったのです。

一方彼女は、ずっと同性が恋愛対象のようでした。
知り合ったのは大学の頃で、その時から仲のいい友達だったのです。
それが20代半ばの頃に「友達関係よりも恋人関係になりたい、ずっと好きで告白するかどうか迷っていた」と言われました。

私は悩んで、そして試しに彼女と付き合ってみるという結論に至りました。
それは彼女から告白された時に全然嫌悪感が湧かなかった事、彼女から好きだと言われても「そうなんだ」とすんなり受け入れられた事からです。
交際してからキスもしましたが、全然気持ち悪いとも思いませんでした
むしろ、彼女を愛おしいとさえ思えたのです。

もしかしたら私が気づいていなかっただけで、男性も女性も恋愛対象のバイだったのかもしれません。
このまま順調に彼女と付き合って幸せに過ごすのも悪くないかもしれないと思います

思わずドキッとしてしまう、2つのさりげない言葉。

これは私の実体験のお話なのですが、どんなに男友達でも、異性として意識してしまう瞬間があります。
それは、内面をほめられた時です。
「可愛いね」や「綺麗だね」と言われても、嬉しい反面、正直「誰にでも言っているのでは?」と男性のキャラクターによっては疑ってしまいます。
普段の会話の中で、さらっと「こういうところが優しいよね」と言われた時は、とても嬉しかったのと同時に、「ここまで見てくれてるんだな」とおぼろげに好意をもつようになりました。
しかし、その時すでに彼氏がいた私は、「いけない」と思い、即座に自分に歯止めをかけました。
もう1つは、たとえ冗談でも、「好き」だと言われ続けると、好みでなくても、好意を抱いていなくても、無意識に意識するようになってしまうことです。
他にも、人づてに「あの人が私の事を好きだといっていた」と聞いても、意識してしまい、自ずと目で追ったり探したりしていました
「潜在的に私もあの人が好きだったのかも」と、いつの間にか好意を寄せる事もありましたが、小心者の私は、自分から告白をすることはありませんでした。
逆を言えば、この辺りを上手に使う事で、意中の相手を振り向かせることもできるのではないでしょうか。